2010年09月09日

HOME―空から見た地球 希望のナレーション

「HOME―空から見た地球」希望のナレーション

いま「HOME――空から見た地球」を
日本に広めようと頑張っている人たちがいます。

写真家のヤン・アルテュス・ベルトランが監督した
空撮のドキュメンタリー映画で、地球の美しさと
人間の営みを淡々と描く、環境映画です。

リュック・ベッソンがプロデュースをしたそうです。

この映画の国内配給元は、映画館での興行は
採算面での理由から、しないという判断をしたそうです。

このままでは、この映画は日本では、少数の目に
触れただけで、闇に葬り去られようとしています。

また、YouTubeでは、英語版、フランス語版が
あるのに、なぜか日本語版がないのも不思議です。

そんな状況の中、上映委員会は力を合わせて
頑張っています。皆さんも応援してください。

この映画のナレーションは、なかなか良くできているので、
ここに貼り付けます。


◆HOME―空から見た地球 希望のナレーション

代償は高くつきます。責任もないのに支払っている人がいます。

砂漠には町のように大きな難民キャンプがあります。明日は何人の人が道端に取り残されるのでしょうか?

このまま一握りの人間の幸せを守り、大勢の人々を犠牲にし続けていいのでしょうか。

悲観している暇はありません。人は一人でも壁を倒せるのです。

現在世界の子供たちの8割が学校に行っています。

今までこれほど多くの人が教育を受けたことはありません。

貧しい国のレソトでは、どの国よりも教育に投資しています。

裕福な国カタールは有名大学を誘致しました。

文化や教育は尽きることのない資源です。

苦しむ人がいる現場で多くのNGO活躍し、連帯の力を証明しています。

バングラディシュでは、貧しい人しか貸さない銀行ができ、30年で1億5千万の人生をかえました。

南極にはどこの国のものでもない資源が眠っています。

ここは平和と科学にささげられた自然保護区、49ヶ国が調印した条約によって人類全体が分かち合う財産です。

現在各国政府が保護する海は全体の2%、10年前に比べれば2倍以上です。

自然公園が出来てからまだ100年、しかし今では全大陸の13%以上を占めています。

そこでは生物の種を守る活動が始まっています。

人間と自然との調和は世界のルールとなるかもしれません。

ニューヨークでは、森や湖が市の必要とする飲み水をすべて供給してくれます。

韓国の森は戦争で損害を受けましたが、森林再生計画で国土の65%にまで回復しました。75%以上の紙がリサイクルされています。

コスタリカは軍備より国土の保護を選び軍隊を放棄しました。その資金を教育やエコツーリズム・森林保護に与えています。

木材の輸出国ガボンでは1ヘクタールにつき1本しか伐採しません。

森に再生する時間を与える為です。このような森林管理が義務化されるべきです。

フェアな貿易で消費者と生産者、買い手と売り手が両方が利益を得られれば、みんながうまくいきまともに暮らすことが出来ます。手作業で収穫するしかない人と、機械で収穫する人々との間にどうしたら公平が存在するのでしょうか?

知恵のある消費者になりましょう。自分がどんな物を買っているか考えるのです。

悲観している暇はありません。

機械に頼らない農業でも人が食べる分なら食料を生産できるでしょう。

取りすぎないように気をつけている漁師もいます。

自家発電の家もあります。

ドイツのフライブルグでは5千人が世界初の環境地区に暮らしています。

ムンバイもこのプロジェクトに加わりました。

ニュージーランド・アイスランド・オーストリア・スゥエーデンの政府は再生可能なエネルギー源の開発を進めています。

私たちが消費するエネルギーの80%は化石燃料による物です。

中国だけでも毎週2つの新たな発電所が建設されています。

しかしデンマークでは二酸化炭素を大気中でなく地中に放出する発電所を試作しました。これが未来の姿になるのでしょうか。

アイスランドでは地熱を利用した発電所が実現しました。

波の力を利用して発電する方法も開発されています。

デンマーク沿岸では国の電力の20%を風力で発電しています。

アメリカ・中国・インド・ドイツ・スペインは再生可能エネルギーに出資、250万人以上の雇用を創り出しました。

地球上で風の吹かない場所があるでしょうか。

砂漠地帯に設置されたソーラーパネル、すべては繋がっています。

地球は太陽と繋がっています。人間も植物のようにそのエネルギーを生かすのです。

1時間で太陽が地球に与えるエネルギーは全人類が1年間で消費する量と同じです。

太陽エネルギーが途絶えることはありません。

地面を掘るのをやめて空を見上げ太陽の恵みを取り入れましょう。これは人類にとって新しい冒険です。冒険の武器は節度と知性、そして分かち合うという意識です。

今こそ団結するときです。

重要なのは何を失ってしまったかでなく、何が残っているかです。

まだ、世界の半分は森で、何千もの川や湖があります。そして何千もの生物が存在しています。

私たちは解決策がそこのあることを知っています。私たち全体が変える力を持っています。

今すぐに行動するのです。

この物語の先をどう描くかは、私たち次第です。

さあ一緒に!!
posted by setsumo at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
********************************************************************************
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナ環境とCSRと「志」のビジネス情報誌
・・・オンラインショップはこちら

********************************************************************************
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。