2010年06月18日

サッカー大国にはなぜか環境大国が多い

ワールドカップたけなわだが、今年の出場国をぼんやり見ていて、なぜかサッカーが強い国は環境大国であることに気が付いた。

その筆頭はドイツだが、自然エネルギーの推進やリサイクルの徹底を始めとして、その環境政策は世界に影響を及ぼしている。そしてサッカーが強いのは言うまでもない。

イギリスはCO2に対する課徴金で有名だし、スペインは太陽光発電で頑張っている。フランスも環境政策を強化している。

ではブラジルはどうか。環境大国ではないではないか、と言われそうだが、実はこんな記事がある。

(引用)
世界17カ国の消費者の環境意識・行動調査「グリーンデックス2009」
日本は15位 インドとブラジルがトップ 最下位は米国
2009年5月14日 ――米国ナショナル ジオグラフィック協会と国際世論調査機関グローブスキャンは、消費者の環境に関する行動を評価・比較する「グリーンデックス(Greendex)2009:消費者の選択と環境――国際比較調査」を行い、その結果をまとめた。
(引用終わり)

この調査は「住宅」「交通」「食品」「消費財」という4つの部門における65の指標によって消費者の行動を総合的に評価するものだが、そのトップが、なんとブラジルだったのだ。

ここで、昨日と同様、オルタナ・プレミアムの清水正巳・日本経済新聞編集委員の記事を改めて引用したい。

(以下、引用)
どんな分野でも国際的な枠組みづくりで日本の最大の弱点といえるのは、制度設計能力に乏しいことだ。ほかの先進国に比べ、理念を示して目標達成に向かう具体的な制度の提案力に欠け、欧米追随か、細部を若干修正させて貢献したように見せかけることが多い。
(引用終わり)

その最たるものが環境問題という論調だ。
排出量取引、CDMなどは、海外の仕組みを取り入れて、日本型に修正したという典型だ。

上の文章の一部を読み替えると、そのままサッカーにも当てはまる。

制度設計能力 ⇒ サッカーの試合での組み立て
目標達成   ⇒ ゴール(得点をあげること)
提案力    ⇒ シュート力
欧米追随   ⇒ サッカーでも同じ

サッカーにしても、政治・経済の枠組みづくりにしても、
日本人は「ゼロからの組み立て」、つまり創造力と設計力が弱い。
その代わり、最初からある何かの細部を修正するなど、細かな立案と行動力なら得意だ。

気候変動や地球温暖化問題も、まさに、ゼロからの組み立てが必要だった。それに長じたのがイギリスで、世界の排出量取引の仕組みを広めた。

世界はサッカーが強い国と野球が強い国に分けられる。
両方ともそこそこ強いのはメキシコくらいではないか。
韓国も日本もオーストラリアも、サッカーのトップレベルからは程遠い。

あえて断言すれば、サッカーがトップレベルの国は、環境政策にも長じている。
日本の環境政策も、カメルーンよりはましかも知れないが、オランダにもデンマークにも遠く及ばない。














posted by setsumo at 01:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時節柄とはいえ、サッカーとの整合性にはいささか無理があるのでは?原子力発電王国フランスから電力を買って、自国には原発を作らないなんていうドイツなど・・・。
地続きの国々の民族性・その歴史と、孤島のそれらは単純比較できないと考えます。
Posted by 塩澤宏宣 at 2010年06月25日 10:55
塩澤さま、コメント有難うございます。もちろんロジカルに詰めていくと矛盾は出てきますが、ふだん環境問題に縁遠い方たちに対するアプローチの一手とお考え下さい。無論やりたいのですが、時間がないなか、海外執筆陣との調整が必要のため、実現の可能性は半々です。
Posted by 森 摂 at 2010年06月26日 03:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153612754

この記事へのトラックバック
********************************************************************************
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナ環境とCSRと「志」のビジネス情報誌
・・・オンラインショップはこちら

********************************************************************************
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。