2010年06月12日

ブリティッシュ・カウンシル、知床シンポジウム

今日は午後2時から、六本木アカデミーヒルズで開かれた、ブリティッシュ・カウンシルのE−idea(エコビジネスの発掘)表彰式へ。

第一位は竹の集成材でつくった食器を製造・販売するFUNFAMの藤岡恒行さんと、ECO QUOTIENTの川口才文さん。

QUOTIENTは聞き慣れない言葉かも知れないが、要はIQのQ。
つまり、知能指数ならぬ、「エコ能指数」という面白い造語だ。

今はi-phoneのアプリゲームを開発している段階だが、「日本の各企業の経営者たちのEQを計るツールにしては――」と助言。

ブリティッシュ・カウンシルは環境関連のイベントや表彰をたくさんやっている。英国の積極的な環境政策を反映している。

その後、横浜市の知床シンポジウム&物産展に。
斜里町の村田均町長と、羅臼町の脇紀美夫町長に挨拶。

斜里の村田町長から、ぜひオルタナさんも取材に来てくださいと誘われ、「行きます!」と約束してしまった(笑)。

そう言えば、オルタナ別冊グリーン天職バイブル(09年3月刊)では
知床ネイチャーオフィスさんを掲載した。知床とオルタナはないわけではないので、いつか行く予感。

その後、高橋茂人先生と痛飲。オルタナは「会社」より「社会」を目指すべきとの示唆を頂く。その通りです。




















posted by setsumo at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153048891

この記事へのトラックバック
********************************************************************************
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナ環境とCSRと「志」のビジネス情報誌
・・・オンラインショップはこちら

********************************************************************************
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。