2010年06月09日

CSRで「キャンペーン」を仕掛ける危うさ

先日、アヴェダ・ジャパンのPRマネージャー、黒岩典子さんを講師に招いてセミナーを開いた。そこでアヴェダ哲学の片鱗に触れ、その思想の深さに驚かされた。

まずはアヴェダのミッション・ステートメントを紹介しよう。

アヴェダの使命、それは製品作りから社会還元まですべての活動を通じて、命あふれる私たちの地球を大切に守り続けていくことです。美の世界のみならずあらゆる世界のおいてリーダーシップと責任をもって環境保全の模範となる企業を目指します。

まさに環境と経営を同軸に置いた、力強いステートメントである。

黒岩さんによると、アヴェダには多くの「べき」「べからず」がある。

まず、社内でペットボトル飲料を飲む社員は一人もいないという。その代わり、みなマイボトルを使っている。

イベントを開く場所や宿泊先を選ぶ際にも、公共交通で容易に行ける場所を選ぶなど、環境に配慮した選び方が求められる。

パンフレットなどでは「環境に優しい」という表現はタブーだそうだ。あいまいで責任の所在が分かりにくいからだ。その代わり、「環境負荷が低い」などとの表現を使う。

キャンペーンという言葉も用いない。キャンペーンとは一時的なムーブメントに過ぎず、継続性が求められる環境・CSR活動にはそぐわないとの考えだ。

オルタナも全く同じ考えだ。

オルタナ11号の特集「ソーシャル」と「ブランド」を考える――で
下記の5つのポイントを指摘させて頂いた。

@献身的 すぐに見返りを求めない
A持続的 すぐに止めない
B独創的 同業他社と横並びではない
C本質的 表層をなぞらない
D全社的 特定の個人に頼らない

例えば、1Lの水が売れるたびにアフリカに10Lの水が供給されるように援助するキャンペーン。

もちろんその志は素晴らしいが、残念ながらこれは「通年」ではない。その意味で、あくまでキャンペーンであると言わざるを得ない。コンビニでペットボトルの水が売れる春から秋までに限定された活動だ。
今日付けのウェブサイトでは「プログラム期間:6月1日―8月31日」とあるので、最近はもっと短くなったのかもしれない。

冬にこの商品が売れてもアフリカに支援のお金は行かない。
企業側にも事情があると思うが、できれば通年のプログラムにしてもらいたい。

チョコレート1つの売り上げについて1円が途上国に寄付される「1チョコ for 1スマイル」も残念ながら「キャンペーン」の域を出ない。

日本のチョコレートの大半はガーナなど西アフリカから来ている。それなのになぜエクアドルに寄付をするのか――。フェアトレードの市民団体、チョコレボで広報を担当する小笠美佳さんは疑問を呈する。

ちなみにチョコレボでは500円の商品のうち200円もの額を寄付に充てる。その意気込みは素晴らしい。

企業のCSR活動は、裏が透けて見えれば興ざめだ。ましてや継続性や寄付先についての疑問を消費者から指摘されるようでは、ブランドに対する悪影響すら心配しなければならない。

それでもオルタナは、企業のCSR活動を今後も側面支援していきたい。やらない企業よりは遥かにましだからだ。

だが、市民や消費者らの意見も積極的に取り上げたい。それが良き企業市民が育っていくための最善の方法だと信じている。
posted by setsumo at 19:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いち消費者として、社会のためによりよい企業を応援したいと思いながら企業のCSRに注目しています。水のペットボトルとチョコレートのキャンペーンについて、ほぼ同感です。
チョコレートの件は昨年見た時、支援先がガーナだったので、一歩前進したかなと思っていましたが、今度はエクアドルになってしまったのですね。残念です。
水のペットボトルのキャンペーンは、CSRとしてはやらないよりいいと思いますが、そもそもCSR以前に、はるばるフランスの山で汲んできた水を手軽な値段で日本で売ることに、環境のこと本気で考えてると言えるのかな、それとも罪滅ぼしなのかなと疑問を感じます。
ただこれは、環境のことを深く考えずに受け入れて買ってしまう消費者の問題かもしれませんが。
Posted by 高橋由美 at 2010年06月17日 12:44
高橋さま、コメント有難うございます。このような率直で的を得た感想がまとまって集まれば、企業行動が変わっていくと思います。オルタナはそんな動きを側面支援していきたいと思います。
Posted by 森 摂 at 2010年06月17日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
********************************************************************************
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナ環境とCSRと「志」のビジネス情報誌
・・・オンラインショップはこちら

********************************************************************************
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。