2010年05月30日

「ステークホルダー」という言葉をつくった 女性

最近よく使われる「ステークホルダー」という言葉は実は、ザ・ボディショップの創業者であるアニータ・ロディックがつくった造語であることは存外、知られていない。

それまではシェアホルダー(株主)という言葉しかなかった。

従業員、顧客、取引先、会社・お店が存在するコミュニテイ、コミュニテイで活躍するNPO、そして株主など企業の関係者を総称して、ステークホルダーと呼んだ。

ステークホルダーの優先順位もボディ・ショップにとっては重要であった。

そして、「ビジネスとして成功することと同じ価値観をもって、企業は世界が直面する問題(環境保護、人権擁護、動物愛護など)に企業として関心を持ち、企業としての責任を明確にし、その責任を毎日のビジネスを通して果たしていくべきである」という21世紀型経営理念がアニ
ータの経営理念だった。

残念ながら、アニータは2007年9月10日に病気で逝去したが、彼女はまさに、21世紀に求められる「CSR経営」を地で行く経営者であった。

創業は今から34年前。1976年、英国ブライトンに第一号をオープンし、夫ゴードン・ロデイックの提案であるフランチャイズ方式を導入し、更に、新しい経営理念に共感する世界中の同志をひきつけていき、いまや世界64カ国で2500店舗以上を展開している。

先住民達の知恵を原料に、調達先を援助ではなく取引を(コミュニティトレード)、世界中で行われている人権蹂躙に立ち向かい、人間のエゴで動物達が犠牲になってはならないと動物実験へ反対し、風車による自家発電に挑戦。彼女がこだわった価値観は、世界中の企業に影響を与
え続けている。

◆アニータ・ロディックのCSR
  ――オルタナABCセミナーのご案内

上記のアニータの哲学に直に触れた、ザ・ボディショップ ジャパンの創業社長である木全ミツさんに、「アニータ・ロディックのCSR」を直接、お伺いします。

とき:6月18日(金)19:00〜21:00
ところ:カフェano 
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-7-12ワイス・ワイスビル1階

料金:5000円(食事・1ドリンク付き)
   ABC会員のうちA会員、B会員は4000円です。
   C会員、D会員は無料です。

主催:株式会社オルタナ
問い合わせ:オルタナ編集部(担当:館岡景子)03−3498−5372
お申し込み:下記フォームへ⇒ http://j.mp/dAVFFy


木全ミツさん略歴:
福岡県久留米市生まれ、1960年東京大学医学部卒
1960−90年、労働省(海外協力課長、大臣官房審議官)、
1986−89年外務省(在ニューヨーク国連公使)、
1990−2000年、ザ・ボディショップ ジャパン創業社長、
現在NPO法人JKSK理事長、CSRフォーラム理事、
日本フィランソロピー協会理事など。





posted by setsumo at 15:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151572051

この記事へのトラックバック
********************************************************************************
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナ環境とCSRと「志」のビジネス情報誌
・・・オンラインショップはこちら

********************************************************************************
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。