2010年04月16日

マイ箸では森を守れない(その2)

前回のブログ、「マイ箸では森を守れない」はけっこう大きな反響があり、いろいろな方からご意見を頂きました。

その中で、株式会社アットパス代表取締役の小池勝也さんから秀逸なご意見を頂きました。

(以下、引用)
「マイ箸・プラ箸で森は救えない」と言っても、では、「割り箸の
積極的な利用で森は救えるのか?」という逆説的な疑問も沸いてきます。

マイ箸で節約される割り箸の経済効果は微々たるもので、もっと割り箸を使うことで林業者が潤う→森が手入れできる、というような論調が
ありますが、では、割り箸を積極的に使うことで、どのぐらいの経済効果があって、それが具体的にどのくらいの森を救うことになるのかということははっきりと述べられていないように思います。

ひょっとしたら、間伐材を地元でチップなどに加工して、自然に戻す工夫を考える方が、割り箸に加工して流通させるよりも総合的に観れば、地球環境に優しいかもしれませんよね。

極端な言い方をすれば、「森を救う」という大きな目的の中で、
割り箸の問題は、本質的な議論とはちょっとかけ離れているというのが
私の印象です。

「森を救う=林業を活性化する」というのであれば、もっと国産木材住宅を建設しよう、そのために技術的な面で、火災や防災力を高め、都会における建築基準法も見直そう!とか、オフィス家具を木材化しよう!ぐらいのレベルの議論が必要なのではないでしょうか?

“国産”木材住宅・家具の取得、リースには大胆なエコ減税や特典を設けるのもひとつの方法かも知れません。

マイ箸の話に戻れば、その経済効果云々より、「ものを大切にする」
「なんでもかんでも使い捨てにしない」という意識の普及、教育的効果こそが一番の効用ではないかと考えます。
(引用終わり)

確かに、日本の木材の使用量のうち割り箸が占める割合はわずか0.1%。0.1%での議論にとらわれて、残りの99.9%を見ないのでは、まさに本末転倒です。

そして、小池さんには貴重な示唆をして頂きました。
・国産木材住宅の奨励
・火災や防災力を高め、都会における建築基準法の見直し
・家具やオフィス家具の木材化
・国産木材住宅・家具の取得やリースに対する大胆なエコ減税や特典

どれも素晴らしいご提案でした。

確かに、エコポイントは今、家電やハイブリッドカーなど一部のジャンルにしか適用になっていません。

国産木材住宅や、国産木材家具にエコポイントがつけば、国内林業の世界は大きく変わるはずです。

例えば、インテリア・家具メーカーのワイス・ワイスは、今年4月から、国産木材やフェアウッドを多く使用するなどの「グリーンプロジェクト」を始めました。

こうした良心的な取り組みが報われ、日本の林業を活性化できるような仕組みが必要だと思います。















posted by setsumo at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146692186

この記事へのトラックバック
********************************************************************************
環境とCSRと「志」のビジネス情報誌オルタナ環境とCSRと「志」のビジネス情報誌
・・・オンラインショップはこちら

********************************************************************************
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。